「医龍 一覧」の記事一覧

医龍 第11話 最終回

朝田龍太郎(坂口憲二)たちは臨時教授会の時間を狙って、生後9カ月の患者の緊急手術を決行する。手術がはじまったことを知った教授会は騒然。  しかし、実は患者は冠動脈瘤を引き起こしていて、このまま手術を続ければ患者は術中死す・・・

医龍 第10話

朝田龍太郎(坂口憲二)たちのもとに3人目のバチスタ患者として連れてこられたのは、生後9カ月の子供。術野が小さい上に、他の病気も併発。朝田でさえも手術が困難な状態で、医局内では、今度こそバチスタチームは解散だろうと噂される・・・

医龍 第9話

朝田龍太郎(坂口憲二)たちのチームによる第2回バチスタ手術が始まった。加藤晶(稲森いずみ)は、野口教授(岸部一徳)が霧島軍司(北村一輝)を次期教授候補に推薦したことで、教授選に立候補すらできなくなるのでは、と噂される。荒・・・

医龍 第8話

朝田龍太郎(坂口憲二)は、バチスタチームに加える臨床工学士と会うためにホテルに出向き、そこで霧島軍司(北村一輝)と偶然再会する。 一方、明真大学付属病院では、野口教授(岸部一徳)の退官に伴う次期教授選の骨子が発表された。・・・

医龍 第7話

朝田龍太郎(坂口憲二)や加藤晶(稲森いずみ)たちのチームによるバチスタ手術は成功。だが、翌日の新聞の紙面を飾ったのは霧島軍司(北村一輝)が北日本大学でアメリカとドイツの名医を助手にバチスタ手術を成功させたという記事だった・・・

医龍 第6話

ついに朝田龍太郎(坂口憲二)たちのチームによる奈良橋文代(江波杏子)のバチスタ手術が始まった。人工心肺の装着が完了し、第一助手の加藤晶(稲森いずみ)は心停止液の注入を指示するが、朝田は心臓を止めずに手術すると宣言。見学室・・・

医龍 第5話

朝田龍太郎(坂口憲二)は加藤晶(稲森いずみ)から、バチスタ手術を行う患者の候補が決まったことを告げられる。ひとりは16歳の女子高生。もうひとりは55歳の主婦・奈良橋文代(江波杏子)。ふたりとも拡張型心筋症で、このままだと・・・

医龍 第4話

当直中の朝田龍太郎(坂口憲二)や伊集院登(小池徹平)のもとに、不整脈を起こして倒れた少年が運ばれてくる。処置は無事に済むが、さらにそこへ2人の患者が不整脈で運ばれてきた。一晩に3人も不整脈の患者が運ばれてきたことを不審に・・・

医龍 第3話

朝田龍太郎(坂口憲二)は、廊下で亡くなった患者の家族に土下座する藤吉圭介(佐々木蔵之介)の姿を見掛ける。その患者は手術に問題はなかったが、院内感染で術後肺炎を起こして死亡した。藤吉はそれを、患者を外科に渡した自分のミスだ・・・

医龍 第2話

朝田(坂口憲二)は加藤(稲森いずみ)から、伊集院(小池徹平)と当直を務めるよう、命じられた。その夜、二人は、病室から凄まじい女性のうめき声がするのを聞く。その患者、佐々木文子(加藤治子)は末期の肺ガンで、製薬会社が開発中・・・

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ