医龍 第3話

医龍 第3話 ストーリー

医龍 第3話
2006年4月27日放送
「娘の心臓を守れ」

朝田龍太郎(坂口憲二)は、廊下で亡くなった患者の家族に土下座する藤吉圭介(佐々木蔵之介)の姿を見掛ける。その患者は手術に問題はなかったが、院内感染で術後肺炎を起こして死亡した。藤吉はそれを、患者を外科に渡した自分のミスだと言う。加藤晶(稲森いずみ)からバチスタ手術が必要な患者をリストアップするよう要請されたという藤吉だが、すぐに患者を切りたがる外科医のために自分の患者は一人も渡さないと言い放つ。そんな藤吉には心室中隔欠損で明真大学付属病院に入院している娘がいて・・・。

"医龍 第3話"への3件のコメント

  1. ありぺー より:2014/02/04 4:16 PM

    加藤先生かっこいい!!
    朝田先生やばい!!

  2. sotec より:2014/01/14 6:27 PM

    龍ちゃんかっくイイ

  3. syou  より:2014/01/12 1:15 PM

    あさだ&伊集院&みきがかっこいい

"医龍 第3話"へコメントしてね!

サブコンテンツ

このページの先頭へ