神の雫 第6話

神の雫 第6話 ストーリー

神の雫 第6話
2009年2月17日放送
「雪上の弟と沈黙の兄」

遠峰一青(田辺誠一)は、父、神咲豊多香(古谷一行)の息子だった―。衝撃の事実を知った神咲雫(亀梨和也)は遺産争いを放棄する。霧生(戸田菜穂)によって「第四の使徒」についての遺言が発表されるが、その場に雫は現われなかった。一人で向かった紫野原みやび(仲里依紗)は、慌てて遺言状の内容をメモする…。

引用元:公式サイト

"神の雫 第6話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ