神の雫 第5話

神の雫 第5話 ストーリー

神の雫 第5話
2009年2月10日放送
「暴かれた出生の秘密」

「第三の使徒」をめぐる対決は、両者不正解により三日後に延期された。神咲雫(亀梨和也)は「逃げだしても構わない」というロベール(竹中直人)の言葉が気にかかる。父、神咲豊多香(古谷一行)の『愛しき人』は母さんじゃなかった―。父に対しての嫌悪と不信感をさらに抱き、戸惑う雫。そんな雫を、紫野原みやび(仲里依紗)は「逃げたら、お父さんに負けたことになる」と励ますのだった…。

引用元:公式サイト

"神の雫 第5話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ