ダンダリン・労働基準監督官 第11話 最終回

ダンダリン・労働基準監督官 第11話 最終回 ストーリー

ダンダリン・労働基準監督官 第11話 最終回
2013年12月11日放送
「何のために働くのか…監督官としての答え」

凛(竹内結子)は、南三条(松坂桃李)が逮捕されたのは、自分に恨みを持つIT企業社長・飯野(柄本明)の策略だと知る。そして、南三条を救うため、飯野の条件を飲んで監督官を辞めようと決意するが・・・。

引用元:公式サイト

"ダンダリン・労働基準監督官 第11話 最終回"への4件のコメント

  1. ハローン より:2014/03/06 10:24 PM

    泣けてきました。最終回感動しました。一気に1話から最終回まで入りこみました。

  2. 社労士になりたい より:2014/03/02 12:02 AM

    よくできたドラマだと思います。

    普段ドラマを見ない自分が、はまりました。

    TVでは、視聴率が低かったみたいですが、
    いつか、評価されることを期待します。

  3. ダンダリンを地で行く女ジュンコ より:2013/12/17 5:56 AM

    私は仕事スタッフの事を一つの家族だ(*^^)vと思っている~♪
    ・・・なので労働条件良くする為に断固闘う!('Д';)

  4. ふなっしー より:2013/12/13 10:36 PM

    泣けてきたなっシー(>_<)
    さいこうなっしなー(^-^)
    僕も、ドラマに出たいなっシー(^-^)

"ダンダリン・労働基準監督官 第11話 最終回"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ