ダンダリン・労働基準監督官 第9話

ダンダリン・労働基準監督官 第9話 ストーリー

ダンダリン・労働基準監督官 第9話
2013年11月27日放送
「働いているのに労働者じゃない!?法律のウラ」

土手山(北村一輝)の息子・雄一(渡辺哲史)が署を訪れ、母親・みどり(西田尚美)がだまされて給料が減ったと訴える。みどりが派遣で働くホテルの社長・梶川(松田悟志)は、スタッフが派遣会社との契約が切れるのを待って、直接‘請負契約’に。その結果、みどりは法律上「労働者」ではなく、労働基準法で守られない「個人事業主」となり・・・。

引用元:公式サイト

"ダンダリン・労働基準監督官 第9話"への1件のコメント

  1. れもんの花ぽち より:2013/11/28 7:32 PM

    最終回恐ろしいことになりそうですね
    今からワクワクしてます

"ダンダリン・労働基準監督官 第9話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ