仮面ライダーウィザード 第43話

仮面ライダーウィザード 第43話 ストーリー

仮面ライダーウィザード 第43話
2013年7月14日放送
「白い魔法使いの秘密」

ゲートの作家・西園寺(須永慶)が10年間探していた少女、その名はコヨミ(奥仲麻琴)だった。名前だけでなく、はかなげな雰囲気からして間違いないと確信する西園寺。少女が落としていったというおもちゃの指輪を見せるが、コヨミは何も思い出すことが出来ない。 突然のことに、さすがの晴人(白石隼也)も驚きを隠せないが、ただ西園寺の記憶が確かなら、コヨミにも人間としての過去があったことになる。瞬平(戸塚純貴)は素直に喜びを爆発させるが、どうしても思い出せないコヨミはまだ半信半疑だ。 あえてソラ(前山剛久)の助言を信じ、とある森へとやってきた仁藤(永瀬匡)らは、白い魔法使いと遭遇する。譲は魔法使いになる決心をし、私に従っている、と突き放す白い魔法使いに、仁藤の怒りが爆発。ビーストに変身し、果敢に突っ込んでいき・・・。

引用元:公式サイト

"仮面ライダーウィザード 第43話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ