神の雫 第1話

神の雫 第1話 ストーリー

神の雫 第1話
2009年1月13日放送
「遺産対決究極の味」

神咲雫(亀梨和也)は、大手ビール会社「太陽ビール」の営業マン。 父親である世界的ワイン評論家、神咲豊多香(古谷一行)に反発し、あえてワインとは無縁の生活を送っていた。そんな雫だったが、接待先で高級ワインの味に不満を漏らす客(笹野高史)の前で、神業のようなデキャンタージュ(ワインをボトルから他の容器に移し替える)を披露し、瞬時にしてそのワインの美味しさを引き出し、見事にその場をおさめる。 雫にピンチを救われた形になったソムリエ見習いの紫野原みやび(仲里依紗)は、雫がデキャンタージュして生まれ変わったワインを飲み、これまで経験したことのない世界を知る…。

引用元:公式サイト

"神の雫 第1話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ