科捜研の女 第16シーズン 第5話

科捜研の女 第16シーズン 第5話 ストーリー

科捜研の女 第16シーズン 第5話
2016年11月24日放送
「掃除の達人」

京都市内の山中で、血まみれの男性の遺体が発見された。榊マリコ(沢口靖子)の検視の結果、死因は頸動脈を鋭利な刃物で切られたことによる失血死だとわかるが、靴と上着に血液が付着していなかったことから、犯人は殺害後、遺体に上着を着せ、靴を履かせたようだった。被害者の靴下にはピンク色の繊維片が付着しており、死の直前、ピンクのじゅうたんが敷かれた部屋にいたものと思われたが・・・。

引用元:公式サイト

"科捜研の女 第16シーズン 第5話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ