科捜研の女 第13シリーズ 第16話 最終回

科捜研の女 第13シリーズ 第16話 最終回 ストーリー

科捜研の女 第13シリーズ 第16話 最終回
2014年3月13日放送
「逆転の新事実!火災+転落死、偽装工作の罠!!ポリグラフ検査が負ける時…」

入居男性・山路肇(森下哲夫)が焼死した“百合根荘”で、今度は石川鱒乃(長内美那子)という女性入居者が転落死する事態が発生した。 鱒乃が転落した時、彼女の部屋にいた入居者の倉林宗次朗(綿引勝彦)は、鱒乃は植木に水をやろうとして窓から落ちたのだと証言。山路も鱒乃も事故死だと主張するが・・・。

引用元:公式サイト

"科捜研の女 第13シリーズ 第16話 最終回"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ