科捜研の女 第13シリーズ 第15話

科捜研の女 第13シリーズ 第15話 ストーリー

科捜研の女 第13シリーズ 第15話
2014年3月6日放送
「最終章~偽装された火災!?疑惑の焼死体…乱れた弾性繊維の秘密禁じられた遺体解剖」

老人ホーム“百合根荘”で火災が発生し、入居者のひとり、山路肇(森下哲夫)が焼死した。同じ入居者の倉林宗次朗(綿引勝彦)は、火災報知器が鳴ったため駆けつけたところキッチンで山路が炎に包まれており、消火器を使って火を消したと話す。実は火災の数時間前、百合根荘では山路が倉林に殴られ、救急車で搬送されるというもめ事が起きていたが、倉林をはじめ、石川鱒乃(長内美那子)、三島ツゲ子(中里ひろみ)、佐々本清子(宮本毬子)ら入居者はトラブルの原因について口を堅く閉ざし・・・。

引用元:公式サイト

"科捜研の女 第13シリーズ 第15話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ