科捜研の女 第13シリーズ 第4話

科捜研の女 第13シリーズ 第4話 ストーリー

科捜研の女 第13シリーズ 第4話
2013年11月7日放送
「京版画殺人! 破門された男vs恋人を捨てた女!! 連続殺人を結ぶ雲母の秘密!」

河原で衣料品店のオーナー・三輪圭祐(湯江健幸)の死体が発見された。検視した榊マリコ(沢口靖子)は、遺体に目立った打撲痕も外傷もなく、首筋に小さな赤い点のような傷があるだけなのを不思議に思う。 風丘早月(若村麻由美)の解剖の結果、死因は吸引性の窒息死と判明。首にあった小さな傷の内部の出血で気道に血液が吸引されて気道内閉塞が起こり、呼吸困難に陥ったようだ。凶器は細い縫い針のようなものと思われたが、なかなか突き止めることができず・・・。

引用元:公式サイト

"科捜研の女 第13シリーズ 第4話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ