科捜研の女 第13シリーズ 第5話

科捜研の女 第13シリーズ 第5話 ストーリー

科捜研の女 第13シリーズ 第5話
2013年11月14日放送
「矛盾する鑑定! 法医学vs化学!! 空白の15分死亡時刻に潜む殺意」

心臓を患い、大学病院から退院したばかりの飯村長治郎(倉石功)が、自宅で突然死する事件が起きた。妻の房子(萩尾みどり)は元教師の経験を生かしたボランティアの授業中で、看護師でもある娘の望(平田薫)は勤務中の出来事だった。 榊マリコ(沢口靖子)の検視でも、風丘早月(若村麻由美)の解剖でも病死と鑑定されるが、仕事の合間に父親の面倒を見ていた望は「手術が成功して自宅療養中だったのに、病死などおかしい」と訴え・・・。

引用元:公式サイト

"科捜研の女 第13シリーズ 第5話"への1件のコメント

  1. risa より:2013/12/08 2:06 PM

    警察なりて〜

"科捜研の女 第13シリーズ 第5話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ