科捜研の女 第13シリーズ 第2話

科捜研の女 第13シリーズ 第2話 ストーリー

科捜研の女 第13シリーズ 第2話
2013年10月25日放送
「20年目の罠! 誘拐された真犯人!! 爆死まで5秒、起爆装置の謎」

元奈良県警科捜研研究員・篠塚秀実(手塚理美)を殺害した犯人が、飲食店経営者・川寺治彦(木下ほうか)を誘拐し、彼を時限爆弾で爆死させるという脅迫状を送りつけてきた事件で、爆発場所で見つかった遺体は銃刀法違反の前科を持つガンマニア・甲野弘之(山本康平)と判明する。甲野は防犯カメラに映り込んだ犯人の男と、服装も背格好も一致。単なる被害者ではなく、犯人の一味らしいとわかり・・・。

引用元:公式サイト

"科捜研の女 第13シリーズ 第2話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ