科捜研の女 第13シリーズ 第1話

科捜研の女 第13シリーズ 第1話 ストーリー

科捜研の女 第13シリーズ 第1話
2013年10月17日放送
「殺人者からの挑戦状告発された鑑定ミス! 鑑識課長に潜む闇…」

農園経営者・篠塚秀実(手塚理美)が、温室内で死体となって発見された。榊マリコ(沢口靖子)たち科捜研のメンバーも現場に駆けつけるが、奈良県警から異動してきた新任の鑑識課長・藤倉甚一(金田明夫)に「科捜研は後だ。まずはウチが調べる」と追い払われ、なかなか遺体に近づけさせてもらえない。だが、マリコは現場に残るかすかな匂いに気づき、即座に死因が青酸ガス中毒であることを見抜き・・・。

引用元:公式サイト

"科捜研の女 第13シリーズ 第1話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ