遺産相続弁護士 柿崎真一 第11話 最終回

遺産相続弁護士 柿崎真一 第11話 最終回 ストーリー

遺産相続弁護士 柿崎真一 第11話 最終回
2016年9月22日放送
「最後の依頼人は愛娘!」

柿崎真一(三上博史)のもとに、小学生の娘、柿崎みなみ(鈴木梨央)が突然現れた。「そろそろ教えてくれない?どうしてママが自殺したのか」と、みなみは5年前に母まゆみ(西山繭子)が自殺した理由を尋ねるが、「…分からないんだ。パパにも」と柿崎。 みなみは、丸井華(森川葵)や河原井正(豊原功補)のもとへ行く。「5億の遺産!?」と華。みなみの母まゆみは作家で、著書「アボカド大好き」がフランスで大ヒットし、5億の印税が入ったと・・・。

引用元:公式サイト

"遺産相続弁護士 柿崎真一 第11話 最終回"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ