ドクターX2 第9話 最終回

ドクターX2 第9話 最終回 ストーリー

ドクターX2 第9話 最終回
2013年12月19日放送
「患者さんにとって、オペは最後のチャンス。だからそれに勝ち続けること。それが私の夢。」

未知子(米倉涼子)の望み通り、悪性の筋繊維芽細胞腫を患う村田九留美(本田望結)の手術は、帝都医大の本院で行われることになる。未知子は九留美を救う唯一の方法として、胃・すい臓・脾臓・肝臓・大腸・小腸の6つの臓器すべて取り出して処置するという、日本で前例のない『多臓器体外摘出腫瘍切除』を提案。しかし、未知子といえども、今度ばかりは帝都医大の最先端設備と組織力が成功の絶対条件。近藤(藤木直人)、海老名教授(遠藤憲一)、鷹野教授(浅野和之)らの協力無しには、いつもの決まり文句「私、失敗しないので」を口にはできない超難手術なのだが・・・。

引用元:公式サイト

"ドクターX2 第9話 最終回"への3件のコメント

  1. Bloody Alice より:2015/07/24 2:29 PM

    最後のオチがめっちゃわらった!爆笑!
    見入っちゃった!

  2. ほっちゃん より:2014/10/07 4:22 PM

    面白かったよおおおおおおおお

  3. さやか より:2013/12/25 3:53 PM

        面白かった

"ドクターX2 第9話 最終回"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ