14才の母 第10話

14才の母 第10話 ストーリー

14才の母 第10話
2006年12月13日放送
「もう一度笑って…」

未希の赤ちゃんも危険な状態のため、NICU担当の小児科医・土田太郎(反町隆史)により、 新生児集中治療室に搬送される。忠彦(生瀬勝久)は、荒廃したアパートの一室を訪れ、そこで、変わり果てた静香(室井滋)と智志(三浦春馬)の姿を目の当たりにする。驚きを隠せずにいたが、せめて一目だけでも、未希に会ってくれないかと頭を下げる。学校でも香子(山口紗弥加)、真由那(谷村美月)、恵(北乃きい)たちが未希の様子を心配していた。そんな中、ICUで眠り続けている未希は…。

引用元:公式サイト

"14才の母 第10話"への13件のコメント

  1. ももりんご より:2014/09/17 11:18 PM

    生まれて安心しました(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜あと、みんみんさんネタバレやめてください!

  2. Ume より:2014/03/31 12:43 PM

    この春から、中1です。

  3. 匿名 より:2014/02/07 3:25 PM

    感動

  4. 匿名 より:2013/11/24 8:56 PM

    感動した( ;∀;)

  5. 0000 より:2013/11/04 11:38 AM

    泣きました。
    まだ最終回は見ていないのですが。
    心にしみるお話です。
    現実では、あり得ない話かもしれないけど、
    それでも立ち向かっていく姿が、かっこいいです。
    憧れます。テレビで、再放送してほしいです。

"14才の母 第10話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ