14才の母 第8話

14才の母 第8話 ストーリー

14才の母 第8話
2006年11月29日放送
「二つの命…どちらを選ぶ?」

債権者から身を隠すため夜逃げをした静香は必死になって会社を盛り返そうとしていたが、智志(三浦春馬)はメモを残して姿を消してしまう。そんな中、相部屋の妊婦・あゆみ(戸田菜穂)が、夫や子供たちと幸せそうにしているのを目の当たりにした未希は…。

引用元:公式サイト

"14才の母 第8話"への9件のコメント

  1. プーさん
    No: 202083 2016/03/08 22:26

    感動しました。
    家族のありがたみがわかるドラマで本当に自分と重ねてしまうくらいのドラマでした。

  2. 匿名
    No: 89137 2014/03/16 00:57

    主演のワガママさと無責任さに毎回呆れる

    が最後まで見てしまう

  3. くれあ
    No: 89039 2014/03/15 14:34

    面白いって何? 
    感動でしょう?

  4. 匿名
    No: 80865 2014/01/10 20:16

    現代社会の裏の部分ですね。
    これは、小学生のうちにこどもに見せたいですね。

    これが今の日本です

  5. 玉森君love
    No: 55116 2013/07/25 14:29

    14才の母大好きです
    三浦春馬君も若くて、かっこいい

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ