14才の母 第7話

14才の母 第7話 ストーリー

14才の母 第7話
2006年11月22日放送
「お金で未来は買えますか?」

的場クリニックで開かれる母親学級に参加し始めた未希は、講師役の看護師兼助産師・桃田ヒロミ(西野妙子)から、今後、子どもを産んで生活していくには 「お金」 が必要であると教えられ、どうすればよいか考え始める。ある雪の夜、未希はバスの中から外を歩く智志の姿を見つけ、思わず窓から身を乗り出して声をかける。だが、突然の腹痛に襲われた未希は…。

引用元:公式サイト

"14才の母 第7話"への6件のコメント

  1. 加奈道 より:2013/12/27 12:40 PM

    日本が誇る名作

  2. ゆう より:2013/07/18 3:50 PM

    泣けちゃう

    自分がそうなったらって
    考えると怖い

  3. 玉手箱 より:2013/06/17 5:07 PM

    かなりよかった

  4. 天越えゆうゆう より:2013/05/01 10:44 PM

    赤ちゃんが14才でできるなんてはじめてしった!あくまでも、テレビの世界なんだけど、
    未成年でも、できたら、出産、罪には、とわれないまだ、私も、未成年だから出産頑張ろうと思いまーす(・ω・)ノ

  5. カノン より:2013/04/23 3:40 PM

    思わず泣いちゃいました!

"14才の母 第7話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ