14才の母 第4話

14才の母 第4話 ストーリー

14才の母 第4話
2006年11月1日放送
「約束…私は、もう泣かない」

忠彦(生瀬勝久)に厳しく叱責された智志(三浦春馬)は罪悪感を抱く中、静香(室井滋)に海外への留学を迫られる。翌日、学校に呼び出された加奈子は、未希の妊娠を知った教師たちに囲まれて質問攻めに遭っていた。手術するから退学だけは許して欲しい、と訴える加奈子。だが、智志からの伝言で勇気をもらった未希は…。

引用元:公式サイト

"14才の母 第4話"への17件のコメント

  1. 匿名 より:2014/07/30 2:07 AM

    気持ちはわかるけど自己チューすぎる。この場合親が勘当したら罪なのかしら…。親の面倒をかけずに生きて行くなら文句は言いません

  2. 匿名 より:2014/07/17 4:41 PM

    14歳では結婚できないよね!?

  3. テツ より:2014/07/15 6:50 PM

    マジ感動

  4. 匿名 希望 より:2014/02/18 1:14 AM

    私も14歳で結婚しました!
    この主人公の様にとてもひどい目にあいました!
    僕は、すべてを投げす捨てて女の子のために闘いました!
    学校でも全校生徒からイジメ。親からはひどいめ!
    ただその女の子の事が本当に心からスキなのに
    ただそれだけなのに!

    • 匿名 より:2014/06/14 6:45 PM

      14で結婚できんの?

  5. なおぴぃ より:2014/02/10 12:05 AM

    かんどーしたぁぁ

    でももし自分が妊娠したら
    うちわ産むと思う。

    つらいのも無理なのもわかってるけど
    若いうちに妊娠するととても大変ってゆうのを
    子供にわかってもらうためにそういう経験も大事だと思うから。

    その生まれてくる子供も自分のお母さんがとてもくろうして自分を生んで、苦労して自分を育ててくれて自分わ愛されてるんだなぁってゆうのを分かってほしいから・・・。

"14才の母 第4話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ