都市伝説の女2 第6話

都市伝説の女2 第6話 ストーリー

都市伝説の女2 第6話
2013年11月15日放送
「アンドロイドが殺人犯!?ロボットを愛した男の秘密」

休日の東京・上井草駅――。ガンダム詣でに興じていた都市伝説オタクの美人刑事・音無月子(長澤まさみ)と鑑識課員・勝浦洋人(溝端淳平)に、ひとりの男が声をかけてきた。彼の名は井本廣幸(山本浩司)。毎週ガンダム・オタク仲間とともにガンダム詣でをしているのだが、その日に限って、仲間のひとりであるロボット工学の教授・貝原康介(矢柴俊博)が姿を見せないというのだ。嫌な予感がした月子は貝原の家へ。なんと浴槽の中で死んでいる貝原を見つけてしまう! しかも、浴槽の壁には赤い文字で「ハカセ ヲ コロシタ モウ ダレ モ ワタシヲ セイギョ デキナイ」との犯行声明が残されていて・・・。

引用元:公式サイト

"都市伝説の女2 第6話"への2件のコメント

  1. 彩香 より:2013/11/16 4:23 PM

    都市伝説の女第6話すごく面白かった第7話はやくみたーい

  2. まお より:2013/11/16 1:41 PM

    次が最終回とかマジでショック。

"都市伝説の女2 第6話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ