徳山大五郎を誰が殺したか? 第7話

徳山大五郎を誰が殺したか? 第7話 ストーリー

徳山大五郎を誰が殺したか? 第7話
2016年8月27日放送
「なりすまシタイ」

校庭に埋めたはずの徳山大五郎が教室に現れた!悲鳴を上げ逃げ惑う生徒たち。だが、徳山をじっと見ていた平手は、よく似てはいるが別人だと気が付く。徳山にしては目が綺麗だし、清潔感が漂っているのだ…。男の正体は徳山の双子の兄、大四郎だった。「大五郎はもうこの世にいない気がする――」。大四郎の言葉を聞いた一同に緊張が走り・・・。

引用元:公式サイト

"徳山大五郎を誰が殺したか? 第7話"への1件のコメント

  1. 世界には欅しかない says:2017/05/29 11:25 PM

    けやき坂のドラマを見ながらけやき坂のスポンジを作っている人

"徳山大五郎を誰が殺したか? 第7話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のアニメ

このページの先頭へ