立花登青春手控え 第3話

立花登青春手控え 第3話 ストーリー

立花登青春手控え 第3話
2016年5月27日放送
「女牢(おんなろう)」

ある日登は、女牢の中に見知った顔を見つける。その女は名をおしの(前田亜季) といい、3年ほど前、登が江戸に出てきたばかりのころに、玄庵の代わりにその亭主・時次郎を診たことがあった。時次郎は乱暴な男であったが、おしのはそんな亭主に耐え、かいがいしく世話を焼くような善人であった。診察を重ねる中で、登とおしのは互いに惹かれるものを感じていた。もちろん、表には出さなかったが・・・。

引用元:公式サイト

"立花登青春手控え 第3話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のアニメ

このページの先頭へ