毒<ポイズン> 第11話

毒<ポイズン> 第11話 ストーリー

毒<ポイズン> 第11話
2012年12月20日放送
「妻が夫を殺すとき」

直美(臼田あさ美)に「あなたの知っている人に毒を渡した」と明かす松井(綾部祐二)。自分の知り合いが毒を受け取るはずがないと信じる直美に対し、松井は「もし使った人間がいたら私の勝ちだ」と言い放つ。小学校教師の秋吉貴之(なだぎ武)は妻の秋吉加奈子(雛形あきこ)に結婚10周年のお祝いとしてネックレスをプレゼントする。加奈子は貴之に抱きついて喜ぶが、心の中では貴之の服からいつもの女の香りがすると思っていた。しかし、結婚10年の記念日は1か月も先だった。その時、貴之の携帯が鳴り、貴之は携帯を手に慌てて部屋を出ていく。加奈子は貴之が浮気していると疑い・・・。

引用元:公式サイト

"毒<ポイズン> 第11話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ