毒<ポイズン> 第10話

毒<ポイズン> 第10話 ストーリー

毒<ポイズン> 第10話
2012年12月13日放送
「刑事が毒を暴くとき」

直美(臼田あさ美)は目の前に現れた松井(綾部祐二)を逮捕できなかった事を悔やみ、これまでの事件を洗い直す事にする。直美は一緒にやってほしいと千葉(渡辺いっけい)に頼むが、千葉はただ座っているだけじゃ何も解決しないと言って帰っていく。直美は毒がある事を前提にこれまでの事件を振り返る事に。最初に毒を使ったと思われるのは雑誌記者の秋本だった。秋本は自分のデスクに毒がある事を仄めかして息絶えたが、直美がデスクを調べても毒は発見できなかった。直美は松井が毒を回収しているかもしれないと考える。しかし、毒は無色透明で証拠も残らない。直美は毒を回収する理由がわからず・・・。

引用元:公式サイト

"毒<ポイズン> 第10話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ