科捜研の女12 第8話

科捜研の女12 第8話 ストーリー

科捜研の女12 第8話
2013年3月7日放送
「疑惑の女たち!奇妙な溺死体、不可思議な海水の秘密」

京都府内の海岸に、証券会社社員・葛西保彦(比留間由哲)の水死体が流れ着いた。近くの岩の上に揃えた靴と鞄が残されており、そこから海に身を投げたものと思われた。だが、宇佐見裕也(風間トオル)の潮流計算の結果、殺人の可能性が浮上。一方、榊マリコ(沢口靖子)は、被害者の所持品から、奇妙な道具を見つけ・・・。

引用元:公式サイト

"科捜研の女12 第8話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ