ごくせん2 第10話 最終回

ごくせん2 第10話 最終回 ストーリー

ごくせん2 第10話 最終回
2005年3月19日放送
「胸張って卒業しろ!!ヤンクミと3年D組、涙の別れ」

卒業式まであと4日。教え子たちを立派に送り出そうと考える久美子(仲間由紀恵)は、式の練習などをやって最後の気合を入れ、3年D組の生徒たちも卒業へ向けて一丸となっていた。そんな折、職員室に顔見知りの刑事・鬼島(高杉亘)が姿を見せ、以前逮捕した黒銀学院OB工藤(小林且弥)が警察の留置所から脱走した、と告げて注意を促した。鬼島の話によると、工藤は久美子や竜(亀梨和也)、隼人(赤西仁)ら5人を逆恨みし・・・。

引用元:公式サイト

"ごくせん2 第10話 最終回"への19件のコメント

  1. ちぃ~ より:2015/12/04 1:40 PM

    めっちゃ泣ける

    はやととりゅうかっこよすぎ

  2. 仮面 より:2015/11/03 6:17 PM

    めちゃめちゃ感動した。
    仮面もやんくみの生徒になりたかった。

  3. リサーナ より:2015/10/05 12:08 AM

    本当にごくせん大好き!今までで一番最高のドラマです!こんな素晴らしいドラマに出会えて幸せ!!

  4. 名無し より:2014/12/13 10:27 PM

    猿渡は何だかんだ嫌味言いながらも面倒は見るだけ人間性はあるな
    どっかの学校の名前や世間体しか考えず、アイツらをクズ扱いするクソ理事長とは大違いですわ。やっぱ俺も男子校通ってりゃ楽しかったかもな。

  5. より:2014/03/28 10:24 PM

    あの五人組、ちょーカッコいい!特に竜と隼人。ちょーかっけー!!

"ごくせん2 第10話 最終回"へコメントしてね!

サブコンテンツ

このページの先頭へ