最強のふたり~京都府警 特別捜査班~ 第7話

最強のふたり~京都府警 特別捜査班~ 第7話 ストーリー

最強のふたり~京都府警 特別捜査班~ 第7話
2015年9月3日放送
「30日間だけの親子!?誘拐された娘…疑惑の父が運ぶ身代金!三つのお弁当の謎」

女子高生の斎藤楓(山口まゆ)が誘拐された。彼女は学校から帰宅せずにそのまま行方不明となり、自宅ポストに「娘は預かった。明日の正午に3000万円を持って来い」という脅迫状が入っていたという。 実は、楓は嘱託刑事・東雲尋八(橋爪功)がずっと気にかけてきた少女だった。というのも、彼女は15年前に実の両親を殺害された未解決事件の被害者で、当時赤ん坊だった楓と、たまたま林間学校に行っていた姉の渚(松浦雅)は難を逃れたものの・・・。

引用元:公式サイト

"最強のふたり~京都府警 特別捜査班~ 第7話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のアニメ

このページの先頭へ