最強のふたり~京都府警 特別捜査班~ 第6話

最強のふたり~京都府警 特別捜査班~ 第6話 ストーリー

最強のふたり~京都府警 特別捜査班~ 第6話
2015年8月27日放送
「京おばんざい事件!!−20度の冷凍殺人トリック!おふくろの味に女4人の殺意」

京都府警捜査一課“夏木班”の刑事・大和田良太(和田正人)が時折、惣菜を購入しているスーパーの店長・近藤潔(迫田孝也)の死体が、店の冷凍倉庫で見つかった。店内で後頭部を殴られ気絶させられた後、冷凍倉庫に運ばれ、閉じ込められたらしい。遺体の周囲には、枯葉のような形状の物体が散らばっていた…。東雲尋八(橋爪功)はその落ち葉のようなものが、京番茶の茶葉であることを見抜くが・・・。

引用元:公式サイト

"最強のふたり~京都府警 特別捜査班~ 第6話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ