ロト6で3億2千万円当てた男 第8話

ロト6で3億2千万円当てた男 第8話 ストーリー

ロト6で3億2千万円当てた男 第8話
2008年8月22日放送
「母の涙…別れの25年預金通帳!! 完結編」

退職を思いとどまって会社に残ろうと決めた悟(反町隆史)。しかし、うっかりなくした退職願が中根課長(出川哲朗)の手に渡ったせいで、退職せざるをえない雰囲気に。そこで、悟は道代(加賀まりこ)を訪ね、こないだのケンカのことを謝り、レストランを買取りたいと申し出た。やるなら真弓(眞鍋かをり)と別れてからにしろと言われ、カッとなった悟はまたも道代とケンカしてしまう。掛井(豊原功補)に立会ってもらい、レストランのオーナーと会った悟だったが、3億円出す買い手が現れたと言われて断られてしまう…。

引用元:公式サイト

"ロト6で3億2千万円当てた男 第8話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ