たったひとつの恋 第7話

たったひとつの恋 第7話 ストーリー

たったひとつの恋 第7話
2006年11月25日放送
「でも、僕は」

造船所のお金を200万も持ち逃げされた弘人(亀梨和也)は、不渡りを出したら工場も家も失ってしまうと思い、必死に金策に走る。だが、どこに行っても金の工面は難しいと言われて、途方に暮れるばかり。そんな弘人のもとに、何も知らない菜緒(綾瀬はるか)から電話がかかってくる。明日会える?と誘われるが、工場の事情も説明できないまま、そっけなく無理だと言ってしまう弘人。つれなくフラれた菜緒は、ひとり亜裕太(平岡祐太)を訪ねる…。

引用元:公式サイト

"たったひとつの恋 第7話"への1件のコメント

  1. さや より:2014/02/19 2:18 PM

    かめ最高。

    切ない(>_<)
    かめ幸せになってほしい・・・
    こーきも頑張ってほしい。

"たったひとつの恋 第7話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ