S -最後の警官- 第3話

S -最後の警官- 第3話 ストーリー

S -最後の警官- 第3話
2014年1月26日放送
「国際テロリストM上陸!我らこそ命の砦」

全国にNPSの存在を周知させるため、NPSを代表してTVのインタビュー取材を受けることになった一號(向井理)。特殊部隊に所属する人間がカメラの前に顔を晒すことは、本来あり得ないことである。蘇我(綾野剛)らSATの隊員たちは、一號がTVのインタビューで顔を出しているニュースを複雑な思いで見ていた。創設以来30年。ひたすら身分を隠し、家族にも伝えず遺書まで書いて、ただこの国の治安を守るために汗を流してきたSATの隊員たちは、創設されて間もないNPSの行動に、同じ特殊部隊として屈辱と怒りが込み上げ・・・。

引用元:公式サイト

"S -最後の警官- 第3話"への2件のコメント

  1. ひるぴん より:

    見逃したけど見れてよかったーー
    これからこれで見ます!

  2. yy より:

    おもしろかった

"S -最後の警官- 第3話"へコメントしてね!

サブコンテンツ

終了したドラマ

このページの先頭へ