S -最後の警官- 第1話

S -最後の警官- 第1話 ストーリー

S -最後の警官- 第1話
2014年1月12日放送
「俺は誰も死なせないその男の手は命の盾!第3の特殊部隊誕生」

とある団地。カーテンが閉められた薄暗い室内で、アサルトスーツを着込んだNPS隊員・神御蔵一號(向井理)は壁に拳を当てて立っている。隣の部屋では銃を持った2人の男が、主婦と小学生の男児を人質にとり、立て籠もっている。一方、外からはSATの狙撃手・蘇我伊織(綾野剛)のライフルの照準が、銃を持ち周囲を伺う男をピタリと捉える。蘇我は狙撃の指示が出るのを、微動だにせず待っている。しかしSAT隊長・中丸文夫(髙嶋政宏)は、今回のSATの任務はNPSの後方支援のため別命があるまで待機をするしかないと命令をしてこない。NPS隊長・香椎秀樹(大森南朋)は、「第3のS」の目的である「人質はもちろん犯人も、誰ひとり絶対に死なせるな」と無線で隊員たちに指示を出す。そして、香椎は突入のカウントを始め・・・。

引用元:公式サイト

"S -最後の警官- 第1話"への8件のコメント

  1. s.u より:

    向井理、かっこいい。警察官に向いてる。最高。次第2話楽しみ。誰か、コメントしてください。

  2. s.u より:

    最高

  3. より:

    なんもいえねー

  4. pipi より:

    最高!!!

  5. 匿名 より:

    楽しい

  6. aa より:

    楽しい

  7. 、、 より:

    ちょうおもしろい
    2話楽しみ
    やばすぎる、最終回楽しみどうなるかな・・・・・・・・・・

"S -最後の警官- 第1話"へコメントしてね!

サブコンテンツ

終了したドラマ

このページの先頭へ