パズル 第7話

パズル 第7話 ストーリー

パズル 第7話
2008年5月30日放送
「呪いの暗号 聞くと必ず死ぬ落語」

ある日、今村はゆうこから落語に行こうと誘われる。その寄席では、今昔亭という落語家の一門に代々伝わる、徳川時代の財宝のありかを示す暗号が隠された特別な落語が披露されるという。話を聞きつけた鮎川は、いつものように今村、神崎、塚本の3人を引き連れて、寄席が開かれるという屋敷を訪れる…。

引用元:公式サイト

"パズル 第7話"への1件のコメント

  1. ダンス大好きっ子 より:2013/05/03 1:51 PM

    これとても大好きなお話だ!

    このパズル自体好きなドラマ!!

    見つけられて良かった

"パズル 第7話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ