リーガル・ハイ 第11話 最終回

リーガル・ハイ 第11話 最終回 ストーリー

リーガル・ハイ 第11話 最終回
2012年6月26日放送
「内部告発者を不当解雇から救え!! 最強の弁護士がついに敗北!?真実は常に喜劇だ!!」

古美門研介(堺雅人)のもとを去った黛真知子(新垣結衣)が、古美門法律事務所を訪れる。1年ぶりの再会に花を用意し、黛を歓迎する古美門。以前とは異なり、口調も穏やかに黛と世間話をする。黛は現在、黛法律事務所を立ち上げ、個人で仕事をしていると言う。今回、古美門のもとを訪ねたのは、彼女が準備している訴訟を共にやらないかとの相談だった。黛の依頼者は、八木沼佳奈(田畑智子)。佳奈は1年前の仙羽化学の公害訴訟で、古美門と黛に協力して裁判で証言している。そして、その後、仙羽化学のライバル社・フロンティアケミカルラボにヘッドハンティングされていた。ところが、佳奈は長期間、会社に飼い殺された挙句、解雇されてしまい・・・。

引用元:公式サイト

"リーガル・ハイ 第11話 最終回"への18件のコメント

  1. リーガル ハイ より:2014/12/04 6:03 PM

    最後古美門先生すごいな   泣けちゃったな

  2. リーガル ハイ より:2014/12/04 5:16 PM

    おもしろいね やっぱり最高だね

  3. ぱくっくん より:2014/11/29 3:32 PM

    面白かった

  4. 匿名 より:2014/09/28 3:19 AM

    めちゃくちゃおもしろかった⤴️

  5. rm より:2014/01/18 6:48 PM

    終わってしまって悲し

"リーガル・ハイ 第11話 最終回"へコメントしてね!

サブコンテンツ

このページの先頭へ