京都地検の女 第9シリーズ 第3話

京都地検の女 第9シリーズ 第3話 ストーリー

京都地検の女 第9シリーズ 第3話
2013年8月1日放送
「ヤミ金業者殺人事件発生!!」

ヤミ金融業者の赤松義夫が殺され、目撃証言が決め手となって弟分の根本徹(山崎裕太)が逮捕された。根本は警察の取り調べで殺害を自供していたが、鶴丸あや(名取裕子)の前で突然、「間違いだ…」と口走る。 驚くあやに、根本は殺害したことは認めるものの、自分はハメられたと言い出す。根本は、交際相手の今西ユカリ(大和田美帆)と赤松が自分の目を盗んで関係していると思い込み、カッとなって殺害に至ったと供述するが・・・。

引用元:公式サイト

"京都地検の女 第9シリーズ 第3話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ