科捜研の女 第15シリーズ 第8話

科捜研の女 第15シリーズ 第8話 ストーリー

科捜研の女 第15シリーズ 第8話
2016年1月14日放送
「スペシャリストたち」

京都市内の宝石店に強盗が侵入、宝石を奪った上、警備員を殺害して逃走した。現場に残されたわずかな証拠から、犯人は強盗常習犯の進藤君和(奥深山新)と判明。京都府警は進藤を指名手配し、科捜研での鑑定は終了しつつあった。だが、榊マリコ(沢口靖子)だけは、犯人が宝石店の裏口をこじ開けて侵入した際に防犯システムが作動しなかったことに疑問を抱いていた…。 そんな中、解剖医・風丘早月(若村麻由美)のもとに立ち寄ったマリコは、高校生に成長した風丘の娘・亜矢(染野有来)と再会。亜矢は突然、「私の調査に協力して」と言い、マリコをひとりの少女と引き合わせ・・・。

引用元:公式サイト

"科捜研の女 第15シリーズ 第8話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のアニメ

このページの先頭へ