火怨・北の英雄 アテルイ伝 第1話

火怨・北の英雄 アテルイ伝 第1話 ストーリー

火怨・北の英雄 アテルイ伝 第1話
2013年1月11日放送
「蝦夷(えみし)と呼ばれた人々」

奈良時代末期、東北には「蝦夷」と呼ばれた一族が暮らしていた。日本全土を支配下におさめようとする大和朝廷の手が、東北にも伸びてきた。胆沢(現在の岩手県奥州市)の族長の息子、阿弖流為(大沢たかお)は、ヤマトに連れ去られた妹・阿佐斗(高梨臨)を奪還すべく、元は蝦夷でありながら今はヤマト側についている呰麻呂(大杉漣)や母礼(北村一輝)とともに、ヤマトの拠点である多賀城を襲撃し、火をかけ・・・。

引用元:公式サイト

"火怨・北の英雄 アテルイ伝 第1話"への2件のコメント

  1. 玉森裕太のファン より:2013/02/17 1:01 PM

    玉森裕太好き

  2. きん より:2013/01/13 7:07 AM

    イイね

"火怨・北の英雄 アテルイ伝 第1話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ