陽だまりの樹 第9話

陽だまりの樹 第9話 ストーリー

陽だまりの樹 第9話
2012年6月1日放送
「万二郎初陣」

幕府軍の歩兵隊隊長となった万二郎(市原隼人)は農民たちを集め訓練を行っていた。尊王攘夷を旗印に暴れ回っていた真忠組の討伐を命じられた万二郎は、その首謀者の一人が父の仇・楠音二郎(西ノ園達大)と知って、この戦いにいっそう闘志を燃やす。良庵(成宮寛貴)は亡き父・良仙の名前を継いで医療に励んでいたが、幕府軍の軍医となり万二郎と共に戦地に赴くことになり・・・。

引用元:公式サイト

"陽だまりの樹 第9話"への初コメお願いします

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ