相棒13 第10話

相棒13 第10話 ストーリー

相棒13 第10話
2015年1月1日放送
「ストレイシープ」

年の瀬の夕方、6歳の少年が何者かに公園で誘拐される。 その頃、杉下右京(水谷豊)は、西田悟巳(石田ひかり)という女性の葬儀に参列していた。彼女の遺品に右京宛ての手紙があったため、呼ばれたという。そこには右京への思いが綴られていて・・・。

引用元:公式サイト

"相棒13 第10話"への1件のコメント

  1. ななちゃん より:2015/01/07 10:50 AM

    杉下警部とカイトとイタミンと芹沢が本部へ帰ってきた後、中園参事官の言葉がおもしろかった
    杉下警部が亡くらなくてよかった
    警視庁一のスナイパーの日野警部補が木の上から犯人の持っている銃を撃つなんてすごいと思った。

"相棒13 第10話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ