怪盗 山猫 第7話

怪盗 山猫 第7話 ストーリー

怪盗 山猫 第7話
2016年2月27日放送
「遂に決着!巨悪の正体を暴け!」

山猫(亀梨和也)は、殺人容疑をかけられて捕らわれていた勝村(成宮寛貴)を救い出した。犬井(池内博之)は、逃亡した勝村を血眼になって捜す。彼の狙いは、勝村と一緒にいる山猫だった。東京では、暴力団の侠武会、アジアンマフィアのサーペントという2つの組織の関係が悪化。その裏には、武装集団ウロボロスが絡んでいた。山猫は、ウロボロスの黒幕が都知事の藤堂(北村有起哉)だと断言。しかし、藤堂は、自分の命を狙うウロボロスからの脅迫状が届いたことをマスコミに発表し・・・。

引用元:公式サイト

"怪盗 山猫 第7話"への3件のコメント

  1. (=^ェ^=)
    No: 239200 2017/03/18 13:29

    おもろ

  2. るー
    No: 204828 2016/04/04 23:54

    おもしろいなぁ
    映画化してほしい

  3. ゆき
    No: 203414 2016/03/26 21:26

    面白いにゃー
    (≧∇≦)

放送中ドラマ・アニメ

放送中のアニメ

このページの先頭へ