怨み屋本舗 第12話 最終回

怨み屋本舗 第12話 最終回 ストーリー

怨み屋本舗 第12話 最終回
200年9月29日放送
「怨み屋の正体」

寄木警部(きたろう)に突如として襲い掛かった野田巡査(マイク・ハン)だが、頭を殴られ死んでしまう。正当防衛だったが野田の母:文枝(原知佐子)は霊安室で寄木を「人殺し」と罵る。寄木にGPS携帯が届き、寄木はそこへ向かう。警視監:権藤徳男(寺田農)は怨み屋(木下あゆ美)を廃工場へ運ぶ。そこには渋谷南署署長:宮野(池内万作)によって拉致された吉村順蔵(左右田一平)と十二月田猛臣(前田健)もいた…。

引用元:公式サイト

"怨み屋本舗 第12話 最終回"へコメントしてね!

サブコンテンツ

終了したドラマ

このページの先頭へ