トクボウ 警察庁特殊防犯課 第5話

トクボウ 警察庁特殊防犯課 第5話 ストーリー

トクボウ 警察庁特殊防犯課 第5話
2014年5月1日放送
「ブラック企業の洗脳術親友の自殺の真相暴け」

九条エレクトロニクスの工場内で、派遣社員が首吊り自殺を図った。臨場した豊島署の巡査・辻恵一(松下洸平)は、遺体を見て愕然とする。中学時代の友人・富永翔太(木村トモアキ)だったのだ。「前向きで明るいやつだったのに…」。遺書には『希望を失い、もう生きている意味がありません』と書かれていた。一足先に、警察庁特殊防犯課の警視・朝倉草平(伊原剛志)が、従業員たちを聴取していたが・・・。

引用元:公式サイト

"トクボウ 警察庁特殊防犯課 第5話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ