戦力外捜査官 第6話

戦力外捜査官 第6話 ストーリー

戦力外捜査官 第6話
2014年2月15日放送
「家政婦の三田山さんは見た! 恋愛小説家殺人事件の全て」

著名な恋愛小説家・高村(大谷亮介)が変死体で発見された。現場は自宅の仕事部屋で、そばには一冊の本と飲みかけのコーヒー、灯油ストーブがあった。争った形跡はなく、死因はストーブによる一酸化炭素中毒のようだ。殺人ではなく事故、あるいは自殺なのか――?千波(武井咲)と設楽(TAKAHIRO)は家政婦の三田山(ふせえり)、編集者の佐渡(佐野圭亮)、マネージャーの玉置(三宅弘城)から事情を聞くが特に収穫はなかったが・・・。

引用元:公式サイト

"戦力外捜査官 第6話"への4件のコメント

  1. 戦力外捜査官 より:2016/10/30 7:46 PM

    おばちゃんの推理がすごく違うし、設楽巡査と、海月警部が超かっこいいし、戦力外捜査官めっちゃ面白い!!!

  2. ko-ra より:2016/09/03 11:48 AM

    なにあのおばさん。推理ちがうのに。

  3. takahiro love より:2014/03/17 6:46 PM

    超かっこいいー

  4. みみ より:2014/03/03 8:20 PM

    おもしろかったー

"戦力外捜査官 第6話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ