お天気お姉さん 第7話

お天気お姉さん 第7話 ストーリー

お天気お姉さん 第7話
2013年5月24日放送
「トイレで感電!!消えた女子アナ」

経済界の大物・園部弘之(山田明郷)が安アパートの共同トイレで死亡しているのが見つかった。そのアパートは園部が愛人の涼子(安藤聖)と会うために借りたもので、園部は涼子が買い物に出かけている間に、トイレの便器で“溺死”した、というのが三平(佐々木蔵之介)の見解だった。 さらに、局部には火傷の跡が見つかるが、豪太(大倉忠義)らは、便器の少ない水でどのようにして溺死したのか、疑問に思い・・・。

"お天気お姉さん 第7話"への1件のコメント

  1. chisa より:2013/05/26 4:14 PM

    たっちょんかわいい!!
    雷こわがってるぅ~~~
    次が楽しみ!!

"お天気お姉さん 第7話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ