高校入試 第1話

高校入試 第1話 ストーリー

「高校入試 第1話」「2012年10月6日放送」
県立橘第一高校。通称、一高。学区で一番の進学校として、名高い名門県立高校だ。新任教師の春山杏子(長澤まさみ)は、彼女にとって初めての入試を数日後に控えていた。入試を目前に校内は殺気立っている。 入試会議のアナウンスが流れ、杏子は会議室へと向かった。入試部長の荻野正夫(斉木しげる)により、入試の全体的な流れが説明されていく。杏子は水野文昭(阪田マサノブ)と村井祐志(篠田光亮)と三人一組となり、試験会場2の試験監督を担当することになった。 入試会議が終わり、杏子は滝本みどり(南沢奈央)に音楽室に呼び出された。みどりが呼び出したのは、元旅行会社勤務だった杏子に予約が困難だというリゾートホテル「インディゴ」の予約を取ってもらうお願いをするためで・・・。

"高校入試 第1話"への5件のコメント

  1. より:

    OK

  2. ふなちゃん より:

    なんかけっこーぉもろい♬
    続きが楽しみ~☆

  3. 悪夢ちゃん より:

    入試なんて私にとっては結構先の話だけど、大変なんだねw
    掲示板

  4. 戸田恵梨香 より:

    おもしろーーーーい

  5. エス より:

    うちんとこエスカレーター
    だから面接だけ〜

    幼稚園からですが何か???(`・ω・´)

"高校入試 第1話"へコメントしてね!

サブコンテンツ

このページの先頭へ