警部補 矢部謙三2 第4話

警部補 矢部謙三2 第4話 ストーリー

警部補 矢部謙三2 第4話
2013年8月2日放送
「誰にでも変装できる暗殺者」

外科医の暮松(齋賀正和)が、研修先のアトランタの病院で殺害された。FBIの情報では、殺害に使われた凶器や手口から、コヨーテと呼ばれる世界的に有名な暗殺者の犯行の可能性が高いという。また、誰にでも変装できると言われるコヨーテが、暮松に化けて日本に潜入したとの情報ももたらされ、警視庁が行方を追ったところ、コヨーテが借りたと思われるレンタカーを山間部で発見。付近にある温泉宿で、暮松の恩師である片桐教授(岡本富士太)の勇退を祝う集いが開かれることから、コヨーテの次のターゲットは、その会の参加者と考えられ・・・。

"警部補 矢部謙三2 第4話"への1件のコメント

  1. m-530 より:2013/08/04 11:45 AM

    怖かった

"警部補 矢部謙三2 第4話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ