科捜研の女 第15シリーズ 第5話

科捜研の女 第15シリーズ 第5話 ストーリー

科捜研の女 第15シリーズ 第5話
2015年11月19日放送
「致死率100%の密室」

科捜研の研究員・榊マリコ(沢口靖子)と宇佐見裕也(風間トオル)は、来年度オープン予定の“京都疾病予防管理センター”の志賀清二所長(中丸新将)に招かれ、施設の見学に訪れた。この京都疾病予防管理センターの地下階には、“バイオセイフティーレベル4”に分類される危険度の高いウイルスに対応可能な最新鋭の隔離実験室が備わっており、その中には病原体に汚染された遺体の検視ができる解剖室まであり・・・。

引用元:公式サイト

"科捜研の女 第15シリーズ 第5話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のアニメ

このページの先頭へ