軍師官兵衛 第1話

軍師官兵衛 第1話 ストーリー

軍師官兵衛 第1話
2014年1月5日放送
「生き残りの掟」

1590(天正18)年、小田原。天下統一を目前にした豊臣秀吉(竹中直人)の大軍が、最後の敵、小田原城を包囲していた。死を覚悟で抵抗する敵を降伏に導いたのは、軍師・黒田官兵衛(岡田准一)の捨て身の説得だった。時はさかのぼり1558(永禄元)年、播磨国。姫路城主の嫡男・万吉(後の黒田官兵衛/若山耀人)は好奇心旺盛な少年だった。父・職隆(もとたか・柴田恭兵)は、主君である小寺政職(まさもと・片岡鶴太郎)の領地を守るため日々奮戦していたが、宿敵である赤松家から裏切りを誘う調略の手が伸び始め・・・。

"軍師官兵衛 第1話"へコメントしてね!

サブコンテンツ

終了したドラマ

このページの先頭へ